英語専門教育の充実学部の特長

法学部国際ビジネス法学科では2020年度より英語による法学専門科目を大幅に充実させることになりました。
「英語による法学基礎演習(1年次)」「演習(2~4年次)」「法政外国語演習」など、英語による法学特講を多数開講します。

こちらのビデオでは、それらの授業を多数担当する3名の英語専門科目担当の特任教授・准教授の教員をご紹介します。
×
立教大学法学部・国際ビジネス法学科では、これまでも多くの国際的に活躍するビジネスパーソンを育成してきましたが、グローバル化した企業社会に対応するため、英語による法学専門科目をこれまでよりもさらに充実させる方針を採用することにしました。このような改革の方針が支持され、公益財団法人・末延財団の支援により、2020年度より「末延国際ビジネス法講座」という寄付講座がスタートします。

改革の第一段階として、2020年度より英語による法学専門科目を大幅に充実させています。少人数制の演習クラスとして、下記の3つの科目があります。1年次・2年次より英語による法学教育に親しむことができるよう、1・2年次向けのクラスを多数用意しています。
さらに、講義形式の科目についても下記の6科目を2020年度に新設しました。多くの科目は、1年次生・2年次生にも開講されています。
このように、立教大学法学部・国際ビジネス法学科では、1年次・2年次から英語による専門科目の授業に触れることにより、日本語だけでなく英語でも法的な思考をし、それを表現できるような法律家、企業人を育成することを目指しています。

※上記の英語展開科目の表は、2020年次の開講予定の科目に関するものです。2021年次以降は科目名や展開クラス数が変更される可能性があります。