大学院法学研究科

法学研究科

修了後の進路に合わせて選べる2コース制 研究者や専門職を目指す皆さんに幅広く門戸を開いています
法学研究科の前期課程では修士(法学)または修士(政治学)
後期課程では博士(法学)または博士(政治学)の学位を取得できます


立教大学法学研究科博士前期課程には、「アカデミックコース」と「プロフェッショナルコース」の2コースを設置しています。

「アカデミックコース」は、従来の法学研究科の伝統を受け継ぎ、専門分野の高度な研究能力を養い、質の高い修士論文を執筆し、さらに博士後期課程に進学して法学・政治学の研究者を目指す人たちを受け入れます。

「プロフェッショナルコース」では、法学や政治学の専門性の高い教育を受け、法律専門職、公務員、企業の法務部門、行政機関等の研究所、NGO・NPOなどで働くことを目標とする人たちなど、専門知識を求めるさまざまな人への教育を提供します。

コース制の導入により、法学・政治学の研究者としての高度な専門的研究能力を養成する従来の教育に加え、専門知識を学び直したいと考えている社会人、日本の法学・政治学教育を受けることで本国でのキャリアに資することを目的とする外国人など、知識や教養を身につけたいという人に、より幅広く門戸を開きます。法学研究科ではほとんどの授業がごく少人数の演習形式で行われており、学生と教員の対等な議論や、きめ細かい指導を通じて、問題発見能力、論理構築能力、プレゼンテーション能力を養うことができます。

後期課程では、前期課程の研究により修得した高度な専門知識と研究能力とを基礎に、それらをさらに深化させ、幅広い学際的視野と一層の専門性に支えられた研究者を育成します。

※詳細については、法学研究科ウェブサイトをご覧ください。

特別進学制度

立教大学法学部4年次に法学研究科前期課程の授業を履修し、前期課程進学後1年で課程を修了することができる制度です。本制度により、学部と前期課程の通算5年間で修士号の取得が可能です。研究者を志望する、資格試験の受験を考えている、あるいは社会人になるにあたり専門的に学問を修めたいと考える学部生に、早期集中的に研究・勉強する環境を提供します。

学生からのメッセージ

自分の将来に繋げるための自由な大学院

法学研究科 博士前期課程 T.R.さん

私は大学のゼミで会社法に触れ、日本経済を動かしている会社に向けた法律がどのような考えで作られているか、ということをより深く知りたいと思い大学院への進学を決めました。大学院では、研究テーマや論文の執筆計画も自分で自由に決めることが出来ますし、また授業も少人数で行うため、知識や考え方が身につくところが大きなメリットだと思います。そして、法学研究科では2つのコースが用意されているので、大学で就きたい仕事が見つけられなかった方も、大学院での生活の中で将来自分がやりたい仕事も見つけられるかもしれません。皆さんにも、立教大学大学院での自由な生活の中で、自分の将来への一歩を踏み出してほしいなと思います。

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。