学生によるゼミ紹介

2020/08/01

学生によるゼミ紹介

演習[憲法判例を多角的に読む]

法学科 I.Y.さん
ゼミナール担当教員:岡野 誠樹 准教授


岡野ゼミでは、判例をもとに憲法を学んでいます。判例とは、過去に裁判所で下された判断のことであり、法を学ぶ上で不可欠なものです。しかし通常の講義では一部分のみを扱うため判例の深い理解はなかなかできません。そこで岡野ゼミでは、判例の原典にあたり、法廷意見のみならず個別意見にも目を通し、また必要に応じて評釈等も読んでいます。そして参加者で議論を行うことで、一般的には正しいと思われている判例の問題点等に気づくことができ、批判的思考力を身につけることができます。ただ単に判例の要点や結論について学ぶだけでなく、多角的に判例を見つめ、その理解を十分に深めることができるのは、岡野ゼミならではの魅力だと考えています。

演習[現代の正義論を考える]

国際ビジネス法学科 T.S.さん
ゼミナール担当教員:安藤 裕介 准教授


安藤ゼミでは、その年によってテーマは変わりますが、自由、民主主義、正義など、現代政治を語る上では欠かせない概念について学びます。これらの用語を聞いたことはあっても自分の言葉で説明できる人はどれくらいいるでしょうか。安藤ゼミでは当たり前に使われるこれらの用語について深く考え、他の人と話し合う機会を得られます。また、政治概念についての知識が得られるだけではなく、文献の要約と発表、ゼミ生との議論を通じてプレゼンテーション能力や意見をまとめる力、思考力も鍛えられます。さらに、通常の輪読の授業以外にもディベートや夏のゼミ合宿、プレゼンテーション大会などがあり、楽しみながら学ぶことができます。懇親会も度々催されるなど、ゼミ生同士の仲も深まる魅力的なゼミです。

演習[知的財産法プレゼン&ディスカッションゼミ]

政治学科 K.A.さん
ゼミナール担当教員:長谷川 遼 准教授


長谷川ゼミでは、著作権法や特許法等の知的財産法を毎回、判例を用いたグループディスカッション方式で学びます。プレゼンターによってディスカッションの形式はさまざまで、時には原告と被告の立場に分かれて議論することもあります。著作権法や特許法等の判例は、ゲームや漫画といった身近なものが題材になり易く、長谷川先生が厳選した面白いものばかりなので少しでも知的財産法に興味がある人にはお勧めです。授業を通してプレゼンテーション能力が身につくことはもちろんのこと、毎回ゼミ生同士で疑問が飛び交うので、授業では掘り下げきれないより深い部分まで学ぶことができるのもこのゼミの魅力だと感じています。