立教法学教員・研究

『立教法学』(RIKKYO HOGAKU St.Paul's Review of Law and Politics)は、立教大学法学部が発行する研究紀要です。第1号から最新号までの掲載論文等は以下の「立教大学学術情報リポジトリ(立教Roots)」にて、pdf(アクロバット形式ファイル)でも公開されています(一部の論文等を除きます)。

『立教法学』最新号の内容

立教法学101号(2020年)
巻頭のことば……松田 宏一郎
角紀代恵先生略歴
角紀代恵先生業績目録
理想的所得課税と理想的消費課税との違いは無リスク収益部分の課税の有無の違いより更に小さいかもしれない……浅妻 章如
ヨーロッパ民事訴訟法史論(1) : 歴史叙述としての民事訴訟……貝瀬 幸雄
「使用人」の外延 : 権限規定と従属性……髙橋 美加
信託と遺留分の相克は解けないか : 英米法研究者の思考実験……溜箭 将之
抵当権侵害における損害賠償についての一試論……難波 譲治
フランスにおける非財産的権利に関する遺言執行者の役割 : 葬送の自由・著作者人格権を素材として……幡野 弘樹
弁護士増加政策の効果と限界 : 弁護士分布の地域格差への影響……濱野 亮
債務者破産の場合における保証・物上保証の消滅時効……原田 昌和
法理論に関する当為および「法理論の道徳的正当化要求テーゼ」は可能か……平井 光貴
アメリカ動産担保法(UCC第9編)における後順位担保権者の地位……藤澤 治奈
経済法序説(6・完)……舟田 正之
田中義一内閣(1927.4.20-1929.7.2)論 : 「政党内閣」におけるビジネスと政治……松浦 正孝
区分所有建物の共用部分から生ずる金銭債権の法的性質……山口 敬介
フランス法における担保執行者(agent des sûretés)……クロック ピエール[著] 、 野澤 正允[訳]
フランスにおける人身損害の賠償……ミレール アンナ


立教法学102号(2020年)
巻頭のことば……松田 宏一郎
渋谷秀樹先生略歴
渋谷秀樹先生業績目録
地方議会議員に対する懲罰と「法律上の争訟」 : 出席停止処分に対する司法審査を中心に……神橋 一彦
近年の国会運営をめぐる諸課題……原田 一明
ヤーッコ・フサの『法とグローバリゼーション入門』について……貝瀬 幸雄
弁護士分布の評価指標 : 顧客類型別弁護士率を用いた検証……濱野 亮
刑事法と社会法の調和 : スウェーデンの少年・若年者保護法制の展開……廣瀬 健二
憲法ドグマーティクと憲法裁判権……赤坂 正浩
台湾における司法院大法官の憲法解釈のあり方 : 司法院釈字第748号解釈施行法の制定過程に着目して……松井 直之
抗告訴訟としての差止訴訟と当事者訴訟としての確認訴訟の関係について : 紛争解決の単位を中心として……鵜澤 剛
環境法における持続性志向・持続性原則の展開に関するノート……川合 敏樹