法学科

法の視点から問題を問い直し解決する力やより良い秩序を創造する能力の育成

法を通して社会を知る

私達が暮らしている街や国さらには国際社会では、様々な人やモノが無造作に活動しているように見えるかもしれません。しかしそこにはそれぞれの「秩序」があります。そして、そうした秩序を形作っているのが、法です。
法学科では、そうした社会秩序の基本骨格としての法を知り、社会の中で生じる様々な問題について何が重要な論点なのか(問題発見能力)、それをどのように解決していくのか(問題解決能力)、解決例から逆算してどのように紛争の発生を未然に防止するか(紛争予防能力)、そして将来的にどのような社会秩序を作り出していくべきなのかを考える力(制度構築能力)を身につけます。

法的素養を備えた市民の育成

法学の素養は、法曹(弁護士、裁判官、検察官)、国家公務員、地方公務員、司法書士、企業法務部員など法律に関係する専門職に就く人にとってだけ不可欠というものではありません。NGOなどを通じて社会へ働きかけたり、普段の市民生活を過ごしたりする上でも、活用されます。
法学科では、そうした素養を身につけるために必要な法学の基本的知識を習得します。その上で、皆さん個人個人の関心に応じた応用的・発展的な法分野を学習することで、専門分野に囚われない広い法的素養に裏付けられた問題発見・問題解決・紛争予防・制度構築能力を振るえるようになることを目指しています。

法的思考力の実践的な修得

演習や少人数講義を通じ、実際の裁判や事件で法がどう適用され紛争が解決されたか、また社会を改善するために、法や制度をどう変えていくべきかを実践的に学びます。そうして身につけた法的思考能力(リーガル・マインド)を武器に、社会を先導する役割を果たす人材を育成することが、法学科の目標です。

学生からのメッセージ

法に関する様々な知識を身につけることができる

法学科では自分の興味のある法律科目を選んで学ぶことができ、法に関する様々な知識を身につけることができます。私は法の概念に興味があり、法を哲学的視点から考える法哲学の講義を受講し、法律が存在する意義や価値を学びました。ゼミでは中高生に対して法律の講義を実際に行ったことで、今まで学んできた法律への理解をさらに深めることができました。また、私は陶芸部に所属しており、空いた時間を利用して作品制作に取り組んでいます。難しいイメージのある法学部ですが、身近な生活を支えている法律を学ぶことはとても意義のあることだと思います。法学科で学びながら、自分のやりたいことに挑戦して有意義な時間を過ごしてほしいです。

法学科3年 E.Y.さん

カリキュラム(2021年度)

※法曹コース希望者は2年次に進級する際に申請を行い、選抜で許可されることでコースの所属となります。※法曹コースについては、「法曹コース・早期卒業制度」をご参照ください。