政治学科

政治に関わる問いを自ら設定し現状を分析したうえで、望ましい制度を構想する力を身につける

特色1 政治学科は「問い」を立てることを大切にする学科です

立教大学法学部政治学科は問題集の答えを教えるような授業を行いません。むしろ、みなさんが過去や現在の政治に関する興味深い問いを立てる能力を身につけられるよう私たちは全力を注ぎたいと思います。新たな問いの設定は、それだけで次の時代の政治や社会を変えていくことにつながります。Googleで答えを探すのはもうやめましょう。みなさんは4年間でいくつ問いを立てられるでしょうか?問いを立てるという知の格闘場へようこそ。

特色2 政治学科は思想と歴史と実証を重んじた教育を行う学科です

日本を含む各国政府の新型コロナウィルス対策では、各国がSARSやMARSといった感染症を過去に経験したか否かが対策の効果を左右しました。また、マスクの装着、ロックダウンあるいはワクチン接種の強制をめぐる議論では、自由をめぐる政治思想が大きく影響を及ぼしています。日本を含む各国の政治史を辿り、内外の政治思想の文献をひもときながら現実の政治を実証的に分析できることが立教大学法学部政治学科の特色です。

特色3 政治学科は制度構想力豊かな人材を育成する学科です

政治学科は、望ましい社会の実現にコミットする制度構想力豊かな人材を育成します。日本政治に加え政治史、各国政治及び政治思想の3つの分野を学んだ人材は、人間行動への深い洞察に基づいた問いを設定することができます。こうした問いの設定は必ずや社会を変えます。次の社会を構想できる人材は、政治・行政部門や民間企業のみならずありとあらゆるところで必要とされています。次の社会は立教大学法学部政治学科から始まっています。
こんな人に学んで欲しい
あまり考えずとりあえず生きてきた、模試の成績で進学先を決めようとしている、しかし、政治や社会について何かもやもやとしたものを感じる。どうなってるのだろう? なぜなのだろう? どうすべきなのだろう? こうしたもやもや感を抱えている方々の入学を立教大学法学部政治学科は歓迎します。もやもや感を解消する特効薬を提供できるわけではありませんが、もやもや感を共有し、一緒に考えるところからみなさんと関わりたいと思います。

学生からのメッセージ

世界の「いま」を学ぶための、理想的なカリキュラム

気候変動やデジタル化、米中対立といったグローバルイシューを理解するには、政治学を学ぶことが不可欠です。なぜなら、それらの問題には様々なファクター(国や国際機関、NGO、市民など)が関わっていて、それらの相互関係をみることが重要だからです。本学科のカリキュラムは、こうした課題を学ぶ上で大変魅力的だと思います。その中でも特に印象深い授業が、演習(ゼミ)です。少人数のクラスで、学生や教授と議論することは、自身の考えを深める良い経験になりました。

一方で学生生活は勉強だけではなく、様々な経験を積むための期間でもあります。本学科は必修科目が非常に少なく、学生自身で時間の使い道を決められます。したがって、サークル活動や留学といった学外活動に打ち込みたい学生にもおすすめできる学科だと思います。

政治学科3年 Y.H.さん

お気に入りスポット
部室のあるウィリアムズホールが思い出のある場所なので好きです。山岳サークルの仲間や先輩、後輩と過ごせる居心地のよい場所です。

1day Schedule

4年間のカリキュラム(2022年度)

教員からのメッセージ

戦争のない世界をめざして

佐々木 卓也 教授 Sasaki Takuya
主要担当科目 : アメリカ政治論


ここ数年、日本を取り巻く国際環境の厳しさを伝えるニュースが格段に増えました。良かれ悪しかれアメリカが中心であった国際秩序が一つの転換期を迎えていることは確かで、日本をはじめ多くの国々がその影響を受けざるを得ません。さらに気候変動、感染症、難民、自然災害など、国境を越える課題の出現が相次いでいます。これらの多くは国際社会がこれまで経験したことがない問題であるだけに、われわれはまさに海図のない航海に乗り出しているようです。私はアメリカ政治外交、日米関係を専門とし、学部では主にアメリカ政治論、専門演習を担当しています。アメリカのトランプ大統領の誕生と民主政治の揺らぎ、急速に先鋭化する米中対立は大方の予想を覆すものでしたが、これらの現象はやはり従来の思考枠組み、パラダイムが通用しない事態が起きていることを示しています。私自身も予想が外れたことにやや愕然としているものの、アメリカの政治外交を分析する難しさとともにその面白さを改めて感じています。日米関係も複雑さを増す東アジア太平洋情勢を背景に、過去半世紀とは異なる段階に進むことを想定しなければならないでしょう。
世界の各地では、戦争と平和に直接関わる問題が噴出しています。さまざまな政治外交的な現象を根源的に読み解き、理解し、適切な対策を主体的に考え、そして平和への道筋を展望する。私はそんな知的作業に挑戦する若い方が今ほど求められていることはないと思います。学生時代はじっくりと物事を考えることができる唯一無二の時間です。私は皆さんとともに、テキストを紐解きながら政治学を勉強することで、より平和で安定した世界を構想する機会を大変楽しみにしています。

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。